本メールは、以下の皆さまに配信しております。

●弊社のお客様

●メルマガを登録された方

●弊社代表やスタッフと名刺交換をさせて頂いた方

<PR>

留学生の国内就職率はわずか35%! チャンスは地方企業にあり!?
https://fooddiversity.today/article_86648.html

日本テレビ”世界一受けたい授業”でも絶賛! 今話題のヴィーガンレストラン自由が丘「菜道」とは?
https://fooddiversity.today/article_86915.html
最新ハラールおよびヴィーガン食材・調味料カタログ
https://fooddiversity.today/wp-content/uploads/2020/07/202007Ver-Global-Catalog.pdf

<人材でお悩みの企業様はこちらよりお問い合わせください>

https://fooddiversity.today/kyujin

こんにちは。
フードダイバーシティ株式会社の和田です。

本日のテーマは、当社のメルマガやメディア、各種SNSをご覧になっている皆様が年に1回は必ず耳にする言葉

「ラマダン」

についてです。

「ラマダン」という言葉自体は日本でもだいぶ浸透してきており、テレビニュースでも頻繁に取り上げられるようになりました。

そのラマダンについて、今回は3分程でお読みいただける内容で「今さら聞けない『ラマダン」の7つのこと」を解説します。

①ラマダンとは

イスラム教徒は一年に1ヶ月だけ断食をしますが、その断食月のことを「ラマダン」と呼びます。
ここで注意していただきたいのは、「断食=ラマダン」ではなく、「断食”月”=ラマダン」です。
つまり断食という行為自体ではなく断食”月(=期間)”のことを表しているため、「ラマダンをする」という表現は誤りです。

また、「ラマダン=飲食禁止月」というイメージも広まっていますが、飲食だけでなく、内面的な虚言や嫉妬・怒りなどの感情を抱くこと、性行為することなども禁じられています。

②いつからいつまで?

断食はイスラム暦の9月に行われます。

イスラム暦は普段私たちが使っているカレンダーとは一年の数え方が異なるため、少しややこしく感じるかもしれませんが、2021年のラマダンは4月13日から5月12日までとなっています。
ちなみに2020年のラマダンは4月23日から5月23日であり、毎年10日間ほど早まってラマダンを迎えます。(新月の観測によってラマダンに入るかどうか決まるため、新月が観測されない場合は、1日ずれることもあります)

③1ヶ月間一切何も食べないの?

断食は通常、夜明け前から日没時まで行われます。
2021年の開始日である4月13日は、およそ午前3時30分から18時10分過ぎまでの15時間程、基本的に一切の飲食をしません。

*断食開始時間・終了時間は太陽の動きによって変動するので時期や場所によって変動します。
*子供や旅行者、月経中の女性などは断食が免除されます。

④逆に日没後は飲食OKなの?

日没後の飲食は許されており、デーツなどの果物や水で最初の食事を始めるのが一般的です。
その後、家族や友人と食卓を囲んで食事を取り、日没後に初めて取る食事を「イフタール」と呼びます。

日中の飲食ができない分、イフタールで摂取する食事の量が自然と多くなることから、海外ではイフタールにビジネスチャンスを見出す企業も少なくありません。

参考:Iftar in Japan 【日本での断食】
https://youtu.be/gdb3IbS2SGQ

⑤断食って辛い?

断食の目的は一般的に、空腹に耐えることで

「貧しい人の気持ちに共感する」
「忍耐強く神様に向き合い、信仰心を向上させる」

など様々です。

よってイスラム教徒はラマダンを「辛い空腹の期間」ではなく、
信仰心を高められるチャンスの期間」と捉え、コーランを読んだり、モスクに行ったり、寄付などの善行を積んだりすることに時間を使います。

参考:ラマダンは、控えめに言っても最高
https://tabi-labo.com/294771/aufa003

⑥ラマダンの後には何があるの?

1ヶ月の断食期間を終えると、「イード」と呼ばれる祝祭が行われ、ラマダン終了の翌日にモスクへと集まり、集団で礼拝をします。
その後、ラマダン終了を祝うための”オープンハウス”が催され、友人や近隣の人々にごちそうを振る舞うのが恒例となっています。
またイスラム教徒が多い国では、イードの期間は学校や職場は一週間ほどの休暇期間となります。日本でいうお正月に近いイメージですね。

参考:What is Eid? 【イードとは?】
https://youtu.be/8G0Juyl3X-k

目黒にあるインドネシア人学校では、毎年イード礼拝に来る人で溢れかえります。

⑦今年のラマダンは例年とは違うの?

2021年は4月初旬時点で、複数のモスクがイフタールをモスク内で実施すると発表しています。
しかし新型コロナウイルスの影響下、依然として外出することが中々できないため、多くの家庭が自宅でイフタールをすることが見込まれます。それに伴い、テイクアウトやデリバリーの需要も高騰することも想定できます。
飲食店経営者の方は、このイフタールによる特需に対応できる施策を考えてみてはいかがでしょうか?

もうすぐで迎える2021年のラマダン。今年も外での活動の自粛が叫ばれている中、イスラム教徒の宗教イベントにも影響が及ぶでしょう。次回のメルマガでは、実際に2021年のラマダンはどうなっているのか、実況レポートをお送りさせていただきます。

ご精読、ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今後のイベント情報

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「全国の実例を集めた講演」における講師派遣の依頼はこちらまで。

info@food-diversity.co.jp

https://fooddiversity.today/seminar

講演実績

https://fooddiversity.today/history

また、こういう情報が知りたい、こういうデータがほしいというご要望を是非頂きたく思います。

是非本メールをご活用いただき、皆様のビジネスにお役立ちできれば幸いです。

引き続きフードダイバーシティ株式会社をご愛顧頂けます様、何卒宜しくお願い致します。

──────────────────────────────────

メルマガ発行者:

フードダイバーシティ株式会社

メルマガ編集スタッフ

住所    : 〒111−0034

東京都台東区雷門一丁目16−8 3F

E-Mail  : info@food-diversity.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Copyright(C)2020 Food Diversity inc. All rights reserved.

※バックナンバーはこちら。

https://fooddiversity.today/merumaga
※ご登録情報に誤りがありましたら、お手数をおかけして恐縮ですが、

info@food-diversity.co.jpまでご連絡ください。

ご友人に配信ご希望の方がいらっしゃいましたら、下記のリンクをご紹介下さい。

https://goo.gl/yXvcQi