太宰府は新元号「令和」由来の地

福岡は、日本で最もアジアに近い九州の玄関口です。3月1日から、クアラルンプールと福岡の間に、 AIR ASIA XによるLCC 路線も開通しました。7月には、同社によってタイ・バンコクから福岡への便も、就航する予定です。

福岡市は日本の中心都市へ

福岡市は特にその人口において発展の傾向が顕著で、人口減少にあえぐ日本でも増加傾向を示す数少ない都市です。都市単位で見た場合の国内の人口順位でも、東京、横浜、大阪、名古屋、札幌に次いで福岡市は6位にランクインしています。

急成長地域

なかでも、中心地である福岡市は、上記6都市の中でも現在も開発が進む若い都市です。大都市としてすでに完成している東京、大阪、名古屋などに比べ、新興地域としての活気にあふれています。

成長率第1位

人口の増加数、増加率において、福岡市は全20政令指定都市中、2位を大きく引き離し断トツの1位。将来的な可能性という点では、国内の他のどの地域にも負けない若い力にみなぎっています。

福岡の誇る歴史の街、太宰府

近代都市、福岡市から電車に乗って南に下ると、春日、大野城、そして太宰府へと続きます。太宰府とは、有名な太宰府天満宮のある、あの太宰府です。

菅原道真

かつて、朝廷内部の権力闘争から妬みを買った菅原道真は、時の左大臣藤原時平による虚偽の訴えにより、醍醐天皇から左遷を言い渡されます。都を下る道真をまるで追うかのように、一晩にして京から大宰府の地まで梅の花を咲かせたとされる「飛び梅」の伝説を、日本人であれば多くの方がご存知かもしれません。菅原道真は、太宰府天満宮の祭神とされる人物です。

「東風吹かば匂ひおこせよ梅の花あるじなしとて春な忘れそ」

天皇の生前退位

日本では、天皇の生前退位にともない、今年5月1日から元号が新しく変わることとなりました。

新元号「令和」

新しい元号は「令和(れいわ)」に決まり、4月1日の発表後間もなく、国内外から広く知られています。

大伴旅人

道真の生きた平安から時代をさらにさかのぼり、奈良時代に生きた歌人「大伴旅人」が詠んだ歌、万葉集「梅花の歌三十二首」序文の一部、

「初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す」

これが、新たに決まった元号「令和」の典拠とされています。天平2年(730年)の正月、梅花の宴で大宰府政庁の長官だった大伴旅人により詠まれた32首の歌につけられたこの序文は、

「初春の好き月にして、空気はよく風は爽やか、梅は鏡の前の美女がつける白粉のように開き、蘭は身を飾った衣に香を芳せたかのように薫る」と、おおよそに訳されます。

 

View this post on Instagram

 

久しぶりの平日のお休み✨ ミーハーな私は、今、日本で一番ホットかもしれない場所、新元号「令和」のゆかりの地、太宰府の坂本八幡宮に行ってきました。 普段は開いてない?そうですが、すごい人でした😳 令和は、万葉集の歌の中で、大伴旅人が梅花の宴で詠んだ歌の序文の中から引用されたらしいです!坂本八幡宮は大伴旅人の邸宅が近くにあったとことか(ネットの丸パクリです💦) 令和の意味は、日本人が希望を咲かせる国でありますようにとの願いが込められてるみたいです。意味が深くて、とても好きになりました🌸 仕事でもやっと試用期間が終了し、正式に看護師に任命するという辞令を1日に頂きました😆不安と緊張とプレッシャーで押しつぶされそうでしたが、皆さんフォローしてくれてどうにか頑張れています☺️ 人の評価とか、どう思われてるかとか昔はそんなことばかり気にしてましたが、今はそんなことどうでもよく、マイペースに仕事してます(忙しい職場なので、いつもではありませんが) 仕事があるのは本当にありがたいです。今置かれている自分の環境の中で、精一杯のことをやっていこうと思います。 そしてシメはMorrowコーヒーで☕️ お参りもしたし、家族やみんなが健康でいられますように🙏 #坂本八幡宮 #令和 #令和ゆかりの地 #太宰府 #神社 #令和の意味 #大伴旅人 #よい休日 #morrow珈琲 #珈琲 #眺め最高 #小郡市

Junkoさん(@junkoshinkai301)がシェアした投稿 –

先端技術と伝統文化

福岡市と太宰府市は、今と昔の日本、それぞれの文化を補い合う関係にあります。

福岡市

福岡は昔から、大陸の文化を受け入れる窓口としての役割を果たしてきました。高度先端技術と古来伝統文化の共存は、世界を魅了し続ける日本ならではの特徴です。

国内から多くの産業を集める支店経済都市としての福岡市は、アジアの玄関口として新興経済地域の受け入れに、現在も余念がありません。

太宰府市

太宰府は、日本文化の礎を築いた、歴史を知るためにも訪れるべき梅と桜の美しい街です。国立博物館の九州別館である九州国立博物館も、太宰府にあります。太宰府天満宮の参道を散策した後は、市内を少し移動して、専門的な文献や展示物を目にすることもできるわけです。

 

View this post on Instagram

 

#太宰府天満宮 #太宰府駅 #太宰府 #다자이후 #다자이후텐만구 #다자이후역 #후쿠오카 #fukuoka

shiina ~❤︎さん(@ms.7678)がシェアした投稿 –

 

日本の歴史上重要な位置を占める太宰府に、これからも注目しましょう。いつまでも色あせない、日本の美しい文化を、太宰府で見つけてください。