川を下りながら眺める四季の表情

鬼怒川(きぬがわ)は関東平野の東部を北から南へと流れて、利根川に合流する一級河川です。全長176.7kmで利根川に合流する支流としては最も長い川になります。その鬼怒川が作り出した渓谷美を乗合船に乗って堪能できるのが「鬼怒川ライン下り」です。

鬼怒川の渓谷は四季折々の表情を見せてくれます。春にはコンサワ、ムラサキカシオ、八汐(やしお)ツツジなどの花々に彩られ、夏にはカスミザクラ、フジなどの植物に加えて、まばゆい新緑が緑に染め上げ、秋にはキキョウやフヨウなどの花と美しい紅葉が観光を楽しませてくれます。

この投稿をInstagramで見る

凄くきれい😻 漂亮到覺得在做夢 #20141115

🍀(@__sinyunwho__)がシェアした投稿 –

鬼怒川ライン下りの魅力

鬼怒川温泉駅の近くの乗船場から約40分をかけて川を下っていきます。川は荒々しい場所もあればゆったり流れる場所もあります。乗船する間の川は比較的緩やかで、所々に急流がある程度ですので、お子様も安心して楽しめます。急流を下るときは流れが早くなり、水しぶきが飛ぶくらい迫力満点。

鬼怒川の作り出した渓谷美を迫力ある川の流れとともに堪能できます。また、船頭さんも付きますので渓谷に関するイロハを巧みな話術で教え、楽しませてくれるのも魅力の一つです。長年の月日が削り出した渓谷を川の流れに沿ってゆったりと観光でき、大自然を思う存分満喫できます。

変化に富んだ面白い岩

ライン下りの途中には様々な形をした岩があります。

初めに出てくるのが楯岩です。巨岩がそそり立つ姿は圧巻で、その大きさは高さ約100mほどにもなります。楯岩という名称は戦いに使う楯に似ていることからつけられたそうです。楯岩の頂上には展望所が設けられていて、鬼怒川の温泉街を一望できます。

次に見えてくるのが象岩。象が鼻を伸ばして川の水を飲もうとしている姿に見えることから名付けられています。

川辺に張り出したゴリラ岩は、突き出たおでこや下唇の出っ張り具合などゴリラの横顔にそっくりな岩です。

他にも、熊が寝そべっている姿に似た熊岩や軍艦岩、積み木を積み重ねたようなフォルムの積木岩など、鬼怒川の渓谷には色んな岩が見られます。川を下りながら注意深く眺めていると、あなたなりの動物やフォルム似た新しい岩を発見できるかもしれません。

周辺の観光スポット

鬼怒川ライン下りを楽しんだ後は、お土産やさんが待っています。旅の思い出にお土産を購入し、帰りは無料シャトルバスで30分かけてスタート地点へ戻ります。

鬼怒川ライン下りの乗船場の周辺には鬼怒楯岩大吊橋や鬼怒川温泉ロープウェイがあります。ロープウェイは高低差300mを約4分かけて登っていきます。山頂にはたくさんの猿を飼育している「おさるの山」があり、鬼怒川の渓谷を一望できる展望所もあります。ライン下りとセットになったお得なパックもあります。

また、鬼怒川の大自然を散策しながら肌で感じるのも良いでしょう。鬼怒川の魅力を存分に味わってください。

住所 〒321-2522
栃木県日光市鬼怒川温泉大原1414番地
Tel 0288-77-0531
料金 大人(中学生以上):2,900円
小人(4歳以上):1,900円
幼児(1歳から3歳):600円
営業日 4月中旬〜11月下旬(期間中無休)
営業時間 8:00〜17:00
アクセス ・電車
■東武線浅草駅から鬼怒川温泉駅まで特急スペーシアで約2時間
■JR新宿・池袋・大宮から鬼怒川温泉駅まで直通列車で約2時間
■ライン下り乗船場は、「鬼怒川温泉駅」より徒歩5分
・車
■東北自動車道 宇都宮I.C.より45km (45分)
*日光宇都宮道路(有料)利用
■矢板I.C.より 35km (60分)
■西那須野塩原 I.C.より 50km (100分)

栃木県にあるハラールレストラン

鬼怒川パークホテルズ

鬼怒川パークホテルズは鬼怒川温泉駅から徒歩約5分の場所にあります。宿泊客に限りお食事を用意しておりますが、ムスリムの方にも対応できるホテルとなっています。礼拝室も完備し、専用の調理器具、調味料、食材、器、食品を保存する冷蔵庫、専用の調理場を使い料理を提供致します。

住所 〒321-2522
栃木県日光市鬼怒川温泉大原1409
Tel 0288-77-1289
営業時間 24時間
定休日 年中無休
ホームページ http://www.park-hotels.com/
Halal Gourmet Japan https://www.halalgourmet.jp/ja/restaurant/244608