日本三大砂丘に数えられる観光地

鳥取県にある「鳥取砂丘(とっとりさきゅう)」は観光可能な砂丘としては日本最大で、その広さは南北2.4km, 東西16kmにも及びます。鳥取県鳥取市の日本海海岸に広がる広大な砂礫地で、1955年(昭和30年)に国の天然記念物に、2007年(平成19年)には日本の地質百選に選定されています。

日本三大砂丘とは諸説あり、一般的に鳥取県の「鳥取砂丘」、静岡県の「遠州灘砂丘」、鹿児島県の「吹上浜」が挙げられますが、他にも同じく静岡県の「中田島砂丘」、千葉県の「九十九里浜」などもあります。いくつもの候補がある中でも「鳥取砂丘」は唯一必ず候補に入る一番有名な砂丘です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tottori Sand Dunes in Tottori Prefecture ✨⁠ The Tottori Sand Dunes are a masterpiece of Mother Nature formed by the pounding winter waves of the Sea of Japan and granitic sand carried by the swift current of the Sendaigawa River that originates high in the Chugoku Mountains. They form the only large dune system in Japan. 🇯🇵⁠ ⁠ 📷 @chan.tsz.ying⁠ ⁠ Share your photos from Japan by tagging @tokyoluxey⁠ —————————————————————⁠ #tokyoluxey #japan #日本 #japaneseculture #japantrip #traveljapan #japantravel #visitjapan #japan🇯🇵 #ig_japan #ig_japan_ #japanesescenery #japanscenery #japanphoto #japanphotography #tottori #tottoriprefecture #鳥取 #鳥取県 #鳥取ぐらむ #tottorigram #tottoricameraclub #tottorijapan #tottorisanddunes #sanddunes #鳥取砂丘 #砂丘

TOKYO LUXEY(@tokyoluxey)がシェアした投稿 –

砂漠と砂丘の違い

鳥取砂丘はよく砂漠ではないかと勘違いされる方がいます。砂漠と砂丘には明確な違いがあります。

砂漠は年間の降水量が極端に少なく、年間降雨量が250mm以下の地域、もしくは降水量よりも蒸発量の方が多い地域で、砂や礫、岩石でできた土地のことを言います。とても乾燥した地域ですので、植物などが育ちにくく、また昼と夜の寒暖が激しい地域でもあります。

一方、砂丘とは風によって運ばれた砂が堆積してできた丘状の地形のことを言います。風で運ばれるもの限定されますので、重たい岩や石などはなく、基本的に砂だけでできています。また年間降水量などの定義もなく、降水量が多い地域でも条件が揃えば砂丘はできます。砂漠に比べて動植物が生息できるところが多く、少し掘れば湿った砂が出てきます。

砂漠は気候も含めた「土地」のことを指し、砂丘は「地形」を指している言葉です。

鳥取砂丘の歴史

鳥取砂丘は未だ正確な形成過程が分かっていません。地質などを調べた結果、約14~15万年前までに遡るのではないかと言われています。

中国山地の花崗岩質の岩石が風化によって砂となり、中国山地から日本海に注ぐ千代川(せんだいがわ)によって海へと運ばれました。その砂がやがて海岸の砂浜となります。10万年周期で変わると言われている海面の上昇、下降などによって海岸線が広がり、その乾いた砂が日本海側から吹き付ける卓越風によって内部に運ばれ、堆積したものが鳥取砂丘となったと言われています。

最大高低差は90mにもなり、特に大きなすり鉢に似た形に大きく窪んだ「大すりばち」と呼ばれるものは高さが40mにもなります。すりばちの斜面には、砂が流れ落ちる際にできる砂簾(されん)などの模様や風によってできる風紋(ふうもん)が見られ、砂丘特有の美しい光景が見られます。

様々な体験や周辺の観光スポット

鳥取砂丘はラクダに乗ってのんびり観光できる「らくだライド体験」があります。他にもオフロード用セグウェイに乗って心地よい風を感じられる「砂丘セグウェイ周遊体験」、砂の上も走れる自転車でワイルドに観光できる「ファットバイク」など様々な体験がきます。広大な砂丘ならでは遊びが満喫できます。

砂丘へ行く前に寄っていただきたいところが「山陰海岸国立公園鳥取砂丘ビジターセンター」です。平成30年10月26日にオープンした鳥取砂丘の自然や歴史などの展示やガイドによる案内が見れます。鳥取砂丘について事前学習した後に観光されますと、より楽しめることでしょう。

近くにはレストランやお土産屋、子供が遊具で遊べる鳥取砂丘こどもの国などもあり、年間100万人もの観光客で賑わっています。

住所 〒689-0105
鳥取県鳥取市福部町湯山2164−661
Tel 0857-39-2111(鳥取県観光連盟)
0857-26-0756(鳥取市観光コンベンション協会)
0857-22-0021(山陰海岸国立公園鳥取砂丘ビジターセンター)
アクセス ・車
中国自動車道「佐用JCT」 — 鳥取自動車道「鳥取IC」
鳥取ICから約20分
・路線バス
鳥取駅バスターミナル — 鳥取砂丘約20分
ループ麒麟獅子バス(土曜、日曜、祝日、夏季ほか)
ホームページ https://www.tottori-guide.jp/sakyu/index.html(鳥取県観光連盟)
http://www.torican.jp/sandhill(鳥取市観光コンベンション協会)
https://www.sakyu-vc.com/jp/(山陰海岸国立公園鳥取砂丘ビジターセンター)

鳥取県にあるベジタリアン・ヴィーガンレストラン

日々の糧

鳥取県米子市にある『日々の糧』は、山陰地方では数少ないベジタリアン・ヴィーガン料理のお店です。肉・魚・卵・乳製品・化学調味料などは一切使わず、100%植物性の厳選食材を使用しています。2日前までに予約をすれば、ムスリムのお客様向けの料理も提供できます。

住所 〒683-0053
鳥取県米子市明治町197
Tel 0859-34-3773
営業時間 11:00-15:00/17:00-21:00(L.O.20:30)
定休日 日曜日
ホームページ http://hibinokate.com/
Halal Gourmet Japan https://www.halalgourmet.jp/ja/restaurant/187251

 

この投稿をInstagramで見る

 

#lunch 0630 津和野野菜のビュッフェ 皐月廿八日|夏至・菖蒲の花が咲く

糧(4/13〜5/13までお店は休み)(@72recipes.kate)がシェアした投稿 –