国内外でも高評価を受けた下関が誇る水族館

2001年にリニューアル改築された下関市立しものせき水族館 「海響館」は、「海のいのち・海といのち」をメインコンセプトに、関門海峡広がる下関市ならではの展示をはじめ、様々なイベントなどで好評を博しており、世界最大の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」の「トラベラーズチョイス(TM) 世界の人気観光スポット2015 ~動物園・水族館編~」にて、アジアの水族館で5位に選ばれました。

世界一の展示数100を越えるのフグの展示

下関市といえばフグが名物として知られていますが、ここ海響館でもフグは象徴的存在となっています。館内では日本ではおなじみのトラフグやハコフグ、あまり馴染みのない珍しい種類のフグなど、色や形、生息地の異なる100種類以上のフグを見ることができます。海響館で、フグという魚の奥深さを知ることができるでしょう。

リアルな生態を観察できる2つの「ペンギン村」

2010年にリニューアルオープンし今や海響館を代表する施設としてお馴染みの「ペンギン村」。この施設最大の特徴は、「南極地域エリア」と「亜熱帯地域エリア」という2つのエリアに分かれており、ペンギンの生息地ごと分けられています。これにより、よりリアルなペンギンたちの生態を間近で観察することができます。

南極地域エリア

オウサマペンギンや、シェンツーペンギンなどが見ることができる「南極地域エリア」は、深さ6mもの大きなプールを中心として屋内施設です。ここでは水槽内を真横や足元など、様々な角度から自由に泳ぎ回るペンギンたちの姿を間近で見ることができる他に、「ペンギン学校」と題した、ペンギンに関する様々な知識を学ぶことができるコーナーもあります。

亜熱帯地域エリア

ところ変わって屋外にある「亜熱帯地域エリア」はゴツゴツした岩場や、ペンギンたちにとって刺激の多い様々な仕掛けが施されたこのエリアでは、自由に歩き回ったりプールを泳ぎ回る様子を楽しむことができます。ちなみにこのエリアでは、フンボルトペンギンを見ることができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ini nama nya “ベンギン(pengin)” Bahasa Indonesianya apa ya?🤔 #海響館 #ペンギン

Satori Okada(NP用)さん(@satori_np)がシェアした投稿 –

ここでしか見られないパフォーマンスも!?「アシカとイルカのショー」

関門海峡をバックにした屋外のプールで行われる、海響館人気イベントのひとつ、「アシカとイルカのショー」。ここのショーではそれぞれのパフォーマンス、両者共演のパフォーマンスを見ることができるのですが、海響館の共演ショーは、他の水族館のモノとは一味違います。なんとアシカがイルカに、またイルカがアシカに合図を送りパフォーマンスを行うという、他の水族館では見ることのできない高度な演技を見ることができます。海響館に足を運んだ際には、ぜひともチェックしてみてください。

海響館へのアクセス

・在来線の場合
JR鹿児島本線上り直通約15分「JR下関駅」に到着→「JR下関駅」より「海響館前」バス停まで約7分。
・新幹線の場合
JR山陽新幹線上り約10分で「JR新下関駅」に到着→「JR新下関駅」より「海響館前」バス停まで約30分。

 

住所 〒750-0036  山口県下関市あるかぽーと6番1号
電話番号 083-228-1100
営業時間 9:00〜17:30(最終入館17:00)
休館日 年中無休
入場料 大人2,000円、小・中学生900円、幼児400円(3歳未満無料)
ホームページ http://www.kaikyokan.com/