アフターコロナに備える鹿児島市の飲食店様、宿泊施設様向け

鹿児島市では、鹿児島の強みである「食」の魅力を生かしたインバウンド向けの取組として、フードダイバーシティ(食の多様性)セミナー及び新メニューづくり支援を行います。Happy Cowで世界ナンバーワンの評価を得たヴィーガンレストラン「菜道」のシェフによる料理デモンストレーションや試食もありますので、調理担当者もお誘い合わせの上、ぜひご参加ください。

前回の様子はこちら

①セミナー

■日時

令和4年6月30日(木)14:00-16:00

■場所

mark MEIZAN (マークメイザン)
鹿児島市名山町9-15(旧ソフトプラザかごしま)

■セミナー内容

「明日からできる方法から、世界一のスキルまで学ぶ」
・食の多様性とは〜それぞれの言葉の定義(ハラール、ベジタリアン、ヴィーガン等)
・国内外の食の多様性の現状〜アフターコロナに備えるべきこと〜
・多様な食に対応することのメリットとは?
・アレルギー対応も一緒にできる方法とは?
・今できること・正しい情報発信とは?
・具体的にどういった食材調味料が使えて、どういった食材調味料が使えないのか?
・シェフがいなくてもできるレトルトを使った簡単メニュー紹介
・世界一の評価を獲得した料理を実際に食べてみる!
・世界一の評価を獲得した料理の考え方やレシピも公開

■講師

フードダイバーシティ株式会社
代表取締役 守護 彰浩 氏
楽天株式会社を経て、2014年1月より6カ国語で日本国内のハラール情報を発信するポータルサイトHALAL MEDIA JAPAN 運営のほか、国内最大級のハラールトレードショー・HALAL EXPO JAPAN を4年連続で主催。2018年4月からベジタリアン事業にも注力し、中国語でのベジタリアン情報サイト「日本素食餐廳攻略」をスタート。フードダイバーシティをコンセプトにハラール、ベジタリアン、ヴィーガン、コーシャなど、あらゆる食の禁忌のコンサルティングを提供中。 2020年には英語圏のベジタリアンに情報を届けるために、世界最大のベジタリアンアプリである HappyCow と日本企業で唯一の業務提携を交わす。2020年には総理大臣官邸で開催された観光戦略実行推進会議にて、菅元総理大臣に食分野における政策を直接提言した。

株式会社 Funfair
フードスペシャリスト・菜道チーフシェフ 楠本 勝三 氏
フランス料理から和食の世界へ転身。各国の要人や、世界的なアーティストなどを魅了してきた日本を代表する料理人。2018 年にオープンした菜道ではジャンクなヴィーガンをキーワードに今までなかった世界を築き上げる。2019 年 11 月には Happy Cow で世界ナンバーワンのヴィーガンレストランとなる。昨年度も講師として日本各地で地産地消の食材を活用したベジタリアン・ヴィーガン向け料理を試食会で提供。参加した事業者の方々からも高い評価を受け、地域のベジタリアン・ヴィーガン対応店舗の増加に貢献した。

ひふみよ株式会社
代表取締役 白澤 繁樹 氏
鹿児島市在住。元々、web・広告業界出身で、現在は障碍者向け就労支援事業「ひふみよベース紫原」を経営。2014 年にはヴィーガン、ハラール対応ラーメン「Samurai Ramen」を発案し、マレーシアの実店舗、プロダクトの国内外販売を手掛ける。現在鹿児島市荒田にて「ちゃぶや咖喱堂」を運営。ムスリム、ベジタリアン、ヴィーガンの受入対応を積極的に行なっている。

■お申込み

こちら(チラシ裏面)をメール又はFAXにて6月24日(金)までにご送付ください。
メール:info@food-diversity.co.jp  FAX:099-216-1320

左から守護氏、楠本氏、白澤氏

②明日からできる新メニューづくり支援

(アドバイザー派遣・モニタリング・プロモーション等)

■日時

第1回 令和4年6月30日(木)セミナー終了後1時間/事業者
令和4年7月1日(金)10:00-18:00のうち1時間/事業者
※全3回の支援を行い、在住外国人のモニタリング等を経て、SNSでプロモーションを行います。詳細はチラシをご覧ください。

■場所

基本的に、各事業所(店舗)にて行います。
※6月30日は、ご希望に応じてセミナー会場にて実施する場合がございます。

■アドバイザー

フードダイバーシティ株式会社
代表取締役 守護 彰浩 氏

■お申込み

こちら(チラシ裏面)をメール又はFAXにて6月15日(水)までにご送付ください。
メール:info@food-diversity.co.jp  FAX:099-216-1320

※新型コロナウイルス感染拡大状況によっては、内容が変更になる可能性がございます。予めご了承ください。

個別新メニューつくり支援の様子