宮城県の紅葉、見ごろは10月中旬から11月下旬

爽やかな気候が期待できる秋は観光のベストシーズン。少し足をのばせば、美しい大自然に出会うことが出来る宮城県。宮城県の紅葉の見ごろは、例年10月中旬から11月下旬といわれています。今回は宮城県の紅葉スポットを3か所ご紹介します。

秋保大滝

国指定の名勝秋保大滝は、幅6m、落差55mの文字通りの大滝です。日本三名瀑のひとつに選ばれています。頬に涼風を受けながら豪快な眺めを楽しむことができます。

滝のまわりは、モミジやカエデ、ナラなどの樹木に覆われおり、岩場と紅葉が絶妙のコントラスト。紅葉が滝を彩る秋は美しさも格別です。

秋保大滝不動尊の裏手にある滝見台のほか、滝壺のそばまで続く遊歩道からも眺めることができます。豪快に流れ落ちる滝は見ごたえがありますよ。

例年、色づき始めるのが10月中旬、紅葉の見ごろは10月中旬~11月上旬です。

住所 〒982-0244 宮城県仙台市太白区秋保町馬場字大滝
アクセス 【電車】JR愛子駅から仙台市営バス二口行き又野尻町北行きに乗り秋保大滝下車。徒歩5分。JR仙台駅から宮城交通秋保大滝行きに乗り終点下車(土日祝運行)。【車】東北自動車道仙台宮城ICから約45分。
駐車場 220台無料
Tel 022-398-2323 秋保温泉郷観光案内所
関連サイト https://akiusato.jp/seeing/meishou.html

 

松島・観瀾亭(かんらんてい)

観瀾とは、さざなみを観るという意味です。観瀾亭は、伊達政宗が豊臣秀吉から拝領した伏見桃山城の一棟で、江戸の藩邸に移築したものといわれています。二代藩主伊達忠宗が一木一石変えず、松島に移したと伝えられています。

例年10月下旬になるとモミジが赤く染まり、重厚なお屋敷とのコントラストが絶妙です。紅葉の見ごろに合わせて、観瀾亭や円通院庭園など松島を代表する名所が幻想的な光に包まれます。

観瀾亭は月見御殿とも呼ばれ、ライトアップされた紅葉とともに眺める月景色はとても美しいです。

10月26日(土)~11月17日(日)の17:30~21:00に、松島紅葉ライトアップ2019が開催されます。秋の夜長はぜひ松島へ。

住所 〒981-0213 宮城県宮城郡松島町松島字町内56
アクセス 【電車】JR松島海岸駅から徒歩6分【車】三陸自動車道松島海岸ICから約5分
駐車場 なし
Tel 022-354-5708 松島町産業観光課観光班
関連サイト https://www.matsushima-kanko.com/miru/detail.php?id=144

 

スプリングバレー泉高原

天気のいい日は太平洋などが見晴らせる眺めのいい山「泉ヶ岳」。スプリングバレー泉高原は、泉ヶ岳を利用したスキー場です。秋は赤く染まったカエデ、ブナとナラの黄色が楽しめます。

展望リフトが人気を集めており、眼下に広がる広葉樹の森が黄色に染まった景色は格別。リフトでの空中散歩が終わったら山頂エリアへ。展望広場からは山全体の紅葉をパノラマで楽しむことができます。

例年、色づき始めるのが10月上旬。紅葉の見ごろは10月中旬から10月下旬です。スプリングバレー泉高原の敷地内にはアトラクションもあるので、紅葉と併せて楽しむことができますよ。

住所 〒981-3225 宮城県仙台市泉区福岡字岳山14-2
アクセス 【車】東北自動車道仙台宮城ICから約50分。
駐車場 600台無料
Tel 022-379-3755 スプリングバレー泉高原
公式サイト http://www.springvalley.co.jp/

宮城県仙台市のハラール牛タンが食べられるお店

仙台名物牛タン焼き。宮城県仙台市にはたくさんの牛タン焼きのお店がありますが、今回は数少ないハラール牛タンを食べられるお店を紹介します。

牛タン焼 ヤマジョウ

 

宮城県仙台市は、牛タン焼き発祥の地として知られています。仙台の街には、約100軒の牛タン焼きのお店があります。

しかし、ほとんどのお店では仕込みの段階でアルコールなどを使用するので、ムスリムのお客様は食べることができません。

牛タン焼 ヤマジョウでは、オーストラリア産のハラール牛タンをつかって、本場仙台牛タンの味を実現しました。

仙台を訪れる際は、ぜひ、牛タン焼 ヤマジョウで本場の味をご賞味ください。

住所 〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央2丁目6-6多楽茶屋ビル1階
Tel 022-268-2133
営業時間  11:00-14:00/17:30-21:30
定休日 なし
Halal Gourmet Japan http://www.halalgourmet.jp/ja/restaurant/727364