老舗高級中華でヴィーガン対応(聘珍樓 橫濱本店)

こんにちは。フリーフロム株式会社の山崎です。弊社はプラントベース業界でプロモーションや商品プロデュース等を支援させて頂いております。老舗高級中華で知られる「聘珍樓」の横濱本店でヴィーガンコースがスタートしたとの情報を聞きつけ、早速現場に行ってみました。

聘珍樓とは?

1884年(明治17年)に横浜で創業をした「聘珍樓」は日本に現存する最古の中国料理店として有名。中華街の中でも聘珍樓は一段と格式の高く、早々に脱・化学調味料を宣言したお店としても知られています。

聘珍楼HPより引用

気になるヴィーガンコースの内容とは?

コースは全8種類で、中華料理の王道メニューがラインナップを飾ります。

1. 生春雨と彩り野菜の和え 
2. かぼちゃと白きくらげのスープ
3. 湯葉包みの燻製
4. トリュフオイルの野菜炒め
5. 精進すぶた
6. 酸味と辛味のおこげ
7. 桃の樹液 パパイアの温かい糖水
8. 豆菓子

コースのポイント

前菜とスープは「生春雨と彩り野菜の和え」に「かぼちゃと白きくらげのスープ」。生春雨が刺身蒟蒻のような食感で山葵やすだちとの相性も絶妙でした。さっぱりとした上品なかぼちゃスープを口に注ぎ、メインの登場を待ちます。

3品目の登場に取材班一同ビックリ。見た目は完全に北京ダック。気になる中身ですが、パリッとした食感に仕上げた揚げ湯葉をダックに見立てているとのこと。食べた瞬間に伝ってくる薫香が、より一層本物の北京ダックを彷彿させます。

続いてトリュフオイルを使った野菜炒めの登場です。細部までしっかりと味が染み込んでおり、トリュフの香ばしさが食欲をそそります。

見た目は酢豚そっくりのこちらの正体は大豆ミート。大豆ミートというと大豆独特の香りが気になる方も多いですが、聘珍樓の精進酢豚は期待を遥かに超えていきます。丁寧に下ごしらえされた大豆ミートに濃厚ソースが合わさると本物の酢豚にそっくりな味わいに。揚げ具合も絶妙で食感もこれまで食べてきた大豆ミートとは似て非なる感覚を覚えました。

最後にシメは「おこげ」です。ここまでのお料理とは一風変わって酸味や辛味などパンチのある味付けで構成されており、コース全体としてのストーリーに感服です。

デザートは「桃の樹液 パパイアの温かい糖水」に「豆菓子」が用意されていました。

食べ終わった後の印象としては、無化調・植物由来100%ということもあり、中華独特の油っ気もなく、胃の状態がスッキリとして、非常に満足な状態で終わりました。

気になる価格ですが、6.000円とのこと(税・サ別、3日前までの予約必須)。かなりお手頃な価格帯にまた驚きです。高級中華でヴィーガン対応のお店はまだまだ限られており、海外のお客様の接待シーン等にも重宝されそうな予感がします。ご興味のある方は是非一度足を運んでみてください。

聘珍樓 橫濱本店

住所
神奈川県横浜市中区山下町149 中華街大通中央
営業時間
平日:11:30~15:00, 17:00~20:00・土日:11:00~20:00
電話番号
045-681-3001
ウェブサイト
https://www.heichin.com/