This post is also available in: English Indonesia

ヴィーガンカフェ「There There(ゼアゼア)」

2018年7月に茨城県つくば市にオープンしたヴィーガンカフェ「There There」では、食材や調味料にこだわり、有機や国産の原材料のものを使用しています。また、動物性食品や白砂糖、化学調味料や添加物も一切使用していません。

メニューへのこだわり

ヴィーガン食に対して「タンパク質が取れないのでは?」や「栄養が足りなくなるのでは?」と考える人も少なくはありません。ヴィーガンカフェ「There There」では、栄養化が偏らないようメニューが作られており、さらに有機栽培の野菜や米を使うことで、体に良くて、地球にも負荷がかからない食事を作っています。

また、普段は肉や魚を食べている人が食べても物足りなさを感じないよう、どんな人が食べても「美味しい」と感じてもらえるよう、常に試行錯誤を重ねてメニューが考えられています。

ランチ各種 1,100円

・プレートランチ:5種類程度のデリ、グリーンサラダ、黒米入り玄米ご飯

・スープランチ(金曜限定):本日のスープ、3種類程度のデリ、グリーンサラダ、パン

・玄米ボウルランチ(第1・第3土曜限定):本日の玄米ボウル、3種類程度のデリ、グリーンサラダ

・ブレッドランチ(第2・第4土曜限定):本日のタルティーヌ/サンドイッチ、3種類程度のデリ、グリーンサラダ

スイーツメニュー

・マフィン、タルト、ケーキなど日替わりスイーツ 300円~

プレートランチにはバランスよく食事がとれるよう、5種類のデリが乗っています。さらに、米は玄米を使っており、栄養面も配慮されています。また、つくばは「パンの街」とも呼ばれているように美味しいパン屋さんがたくさんあり、パンが好きな人も多くいます。そんなパン好きな人にもオススメなパンのメニューもあります。

また、マフィンは基本的に毎週用意されており、その他のデザートメニューはチーズ不使用のチーズケーキやチョコレート系のお菓子など週ごとに異なります。白砂糖は不使用で、てんさい糖、メープルシロップ、ココナッツシュガー、デーツなどから甘みを取っています。

昨年のクリスマスにはスイーツや料理をクリスマス仕様にして、クリスマスケーキも予約制で販売しました。バレンタインにはチョコレート系のスイーツを多めにするなど、今後も季節感を出していく予定です。

どんな人にも優しいメニュー

「There There」には、健康に気を付けている人、海外の人、卵・乳製品のアレルギーがあるお子さんと一緒に来る人、様々なお客さんが来ます。

デザートメニューは全てグルテンフリーで、小麦粉アレルギーの人でも安心して食べることができます。

また、メニューには基本的にアルコールは使われていません。プレートランチは毎日2種類あり、少なくともどちらかのメニューには絶対にアルコールは使われていません。デザートもアルコール不使用です。

食物アレルギーやメニューに対してリクエストがある人は前日までに連絡をすれば、対応してもらうことができます。

 

つくばにお越しの際は、ヴィーガンカフェ「There There」へお立ち寄りください!

 

There There(ゼアゼア)

住所
〒305-0816  茨城県つくば市学園の森3丁目40-11
営業時間
金曜・土曜 11:30~15:00
Halal Gourmet Japan
https://www.halalgourmet.jp/restaurant/681669