大分県豊後高田市「昭和の町」のランドマークスポット

大分県豊後高田市に「昭和の町」と呼ばれる、昭和日本の雰囲気を再現し、町おこしを行う商店街地域があります。その中核的施設「昭和ロマン蔵」と呼ばれるスポットを今回は紹介していきます。元々は巨大な米蔵倉庫を改築し、昭和30年代の日本を思い起こさせる多数のアイテム展示を行う博物館、建物や町並みをリアルに再現した施設などが設けられており、この時代の雰囲気や人々の暮らしを感じることができると、当時を過ごしてきた人からそうでない人まで、幅広い世代が訪れる人気スポットです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

hirotaka(@syk.hrtk)がシェアした投稿

昭和ロマン蔵

昭和の町のランドマークスポットで多くの人が訪れる「昭和ロマン蔵」。元々は、大分県の豪商であった「野村家」が米蔵として昭和10年頃に建てたものを改築し現在のカタチへと生まれ変わったのものです。中へ入ってみると、オート三輪やダットサン、グロリア、などなど昭和の時代を駆け抜けた往年の名車が多数展示されています。また当時の学校の木造校舎を再現した「昭和の夢町小学校」。昭和30年代頃の暮らしや雰囲気を体験できる「昭和の夢町三丁目(一部有料施設)」。駄菓子のおもちゃなどが多数展示されている「駄菓子屋の夢博物館(有料施設)」等、見どころ満載のスポットです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

古川洋一(@yoichi3922)がシェアした投稿

駄菓子の夢博物館

こちらは、この博物館の館長である小宮裕宣さんが所有する、駄菓子のおまけに付いていたおもちゃや昭和30年頃、日本の高度経済成長期にあたるこの時代ゆかりの品々など、小宮さんが所有する20万点という膨大なコレクションの中から、約6万点を公開展示しているミュージアムです。貴重なアイテムも多数展示されており、あなたの心をわしずかむ逸品も見つかるかもしれません。

昭和の夢三丁目館

昭和30年代の人たちの暮らしを様々なカタチで再現している「昭和の夢三丁目館」。当時の町並みや民家の中(土間の台所、五右衛門風呂、トイレ、畳の居間等)を見事に再現しており、その時代の人々の暮らしや雰囲気を体感できる施設です。

「昭和ロマン蔵」基本情報

住所 大分県豊後高田市新町989−1
電話番号 0978-23-1860
入場料 ・2館共通券(駄菓子屋の夢博物館、昭和の夢町三丁目館):大人620円、小中高430円、
・3館共通券(駄菓子屋の夢博物館、昭和の夢町三丁目館、チームラボギャラリー昭和の町):大人830円、小中高580円
営業時間 9:00〜17:00
※1月1日、2日は10:00~15:00
休館日 毎年12月30日、31日
ホームページ https://www.showanomachi.com/special/syowa.html

交通アクセス

※以下のページをご参照ください。

交通アクセス | 昭和の町・豊後高田市公式観光サイト
https://www.showanomachi.com/access/