見て乗って体験できる鉄道博物館

2003年にオープンした九州鉄道記念館は、赤レンガづくりの旧九州鉄道本社を活用された鉄道のテーマパークです。車両展示をはじめとした鉄道関連施設ならではのコーナーだけでなく、鉄道知識がなくても十分に楽しむことができるコーナーもあります。また、入館料も300円とリーズナブルな価格帯なため、気軽に行けて十分満足できる人気スポットを紹介していきます。

九州で活躍した車両が見られる「車両展示ゾーン」

まずメイン入り口でチケットを買い入場すると最初に目にするのが「車両展示ゾーン」です。ここでは、駅のホームを模した敷地に、蒸気機関車の「59634号」、機械式気動車「キハ0741号」、「クハ481 603号」など、九州で活躍した9台の列車たちを間近で見ることができます。また実際に中に入って運転機器を操作するなどの貴重な体験ができる「前頭部展示」の車両もあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

久々に門司港レトロと九州鉄道記念館に行って来ました。 #九州鉄道記念館 #門司港レトロ #門司港駅 #C59 #715系 #14系客車

T ROOMY in 九州さん(@hinokuni787)がシェアした投稿 –

鉄道ファンでなくても楽しめる赤レンガの建物内展示

では、建物内の展示についての紹介です。2階建てとなっている本館は、建設された明治時代当時のままの状態が活かされており、建物全体がレトロな雰囲気を醸し出しています。

1階では、人形とともに当時の風景を再現した明治時代の客車の展示(内部も見ることができます)、博多駅、門司港駅から発車したJR九州を代表する列車が九州を一周するショータイムが定期的に行われる「鉄道大パノラマ」、実際に運転の疑似体験ができる、人気のコーナー「運転シュミレーター」などの展示を楽しめます。

2階では、鉄道に関する展示が2ヶ月ごとに入れ替わりで開催される「企画展示」や九州で活躍した列車のヘッドマークの展示などを見ることができます。

見た目は小さいけど本格的!「ミニ鉄道公園」

九州鉄道記念館の目玉コーナーのひとつ「ミニ鉄道公園」は、本館を出たところにあります。このミニ鉄道、レール幅450ミリの鉄道で見た目こそ小さいですが、本物の列車と同じような運行が出来るよう、単線と複線の線路に信号機が設置されており、本格的なシステムを導入されたミニ鉄道なのです。1回300円で1台3人まで乗ることが可能で、大人から子供まで人気のコーナーです。

九州鉄道記念館詳細

住所 〒801-0833 福岡県北九州市門司区清滝2-3-29
電話番号
093-322-1006
開館時間 9:00〜17:00(入館は16:30までです)
料金 大人300円、4歳〜中学生150円、4歳未満は無料
※「ミニ鉄道公園」は1台につき1回300円(1台につき3名様までご乗車可能です)
休館日 第二水曜日(但し、8月は除く)。7月は、第二水・木曜日。
※第二水曜日が祝日の場合は、翌日に休館日を振り替えます。
ホームページ http://www.k-rhm.jp/
交通アクセス JR門司港駅より徒歩3分