天神の前にまずは博多駅!デパートにテナントたくさん!

空港に到着したら、そのまますぐに地下鉄で博多・天神まで行けるところが、福岡市の便利な一面でもあります。しかし、空港から地下鉄でたった2駅のJR博多駅自体が、すでに大きなアミューズメントスペースであることに気づいている方はどれほどいらっしゃるでしょう。博多駅は、「JR博多シティ」「KITTE」「アミュプラザ博多」「博多阪急」「博多マルイ」などの大型商業施設をまるごと、駅の中にテナントとして含んでいます。

アミュプラザ、阪急、マルイ、それぞれのモールがそれぞれ数十に及ぶテナントを博多駅構内に構え、ぎっしり詰まった各店舗をすべて楽しむだけでも1年で回りきれるだろうか?と思わされるほどの充実ぶりです。

博多駅は筑紫口が穴場

博多駅でも若干落ち着きのある筑紫口デイトス・アネックス「博多でいとす横丁」には、地元の人が昼休憩に訪れたり、仕事終わりに美味しい魚を食べに来ます。博多口に多くみられる観光客をターゲットとした店よりも、料金は若干お手ごろです。

夜はバールにもなるカフェの「インビスクラ」では、ホットドリンクとホットドッグまたはトーストをセットにしたモーニングが500円ほどでいただけます。寿司屋「すし割烹かじ」では、焼き鯖、玉子焼きその他、朝ごはんには十分すぎる満足なセットが600円ほどで食べられます。

 

View this post on Instagram

 

今日の朝ごはん♪ 最近お気に入りの店(´∀`) #カフェ #喫茶 #インビスクラ #博多

坂田村長さん(@hakata.onsen)がシェアした投稿 –

 

ハラールに配慮する駅構内の飲食店

多くのテナントのなかには、厳密に言えばハラールではないけれど、事情を伝えることでハラールに配慮してくれるお店があります。自分なりの食の基準に照らし合わせて、利用できそうな店を自己判断するのもいいかもしれません。

Soup Stock Tokyo

JR博多シティビル地下1階、アミュプラザ博多の「Soup Stock Tokyo(スープストックトーキョー)」では、体に優しいさまざまな素材を材料とした作りたてのスープがいただけます。

スープストックトーキョー全体がハラール対応というわけではありませんが、希望を事前に伝えておくことで、豚肉やアルコールを使わないハラールのメニューを提供することも可能とのことでした。

店舗のホームページにも「食の安全」として、原材料のアレルギー情報、主要原材料の原産地情報、栄養成分情報などが公開されています。

多くのメニューは、出される日程が週ごとに決まっており、それぞれのメニューの原材料はホームページで公開されています。自分なりの食のガイドラインを設定してお店を選ぶなら、「Soup Stock Tokyo」は比較的利用しやすいお店の一つかもしれません。

 

しらすくじら

博多駅舎に隣接するKITTEから、博多駅よりさらに遠ざかって外側に並ぶ「JRJP博多ビル」地下1階、三百歩横丁のお店「しらすくじら」では、美味しいお魚がいただけます。ムスリムにとって、魚は比較的対応しやすい食品ではないでしょうか。

 

View this post on Instagram

 

こんにちはー🤗🤗🤗 しらすくじらJRJP店の西です😇👍😇👍😇 あったかーい日々が続いてますね🎉🎉 花粉は大丈夫でしょうか👺👺👺 いいもの食べて飲んで楽しんじゃいましょー😊😊😊 本日も元気っ子とお待ちしております🎊🎊🎊 今日も一緒に写真とってください(°▽°)笑 お待ちしております😋 ps.インスタ見たで一杯無料‼️‼️‼️‼️‼️ #海鮮#しらすくじら#磯貝#福岡#定食#福岡グルメ#博多グルメ#居酒屋#福岡ランチ#待ち時間ランチ#鮮魚#つぼ鯛の味噌焼き #待ち時間#団体様大歓迎#生ビール430円#エビス生ビール#フォロー大歓迎#角打ち#ちょいのみ#jrjpビル#instagood#インスタ映え##日本酒#駅から300歩#久山初#胡麻鯖#美味しいもの好きな人と繋がりたい しんのすけ

しらすくじらさん(@shirasukujirahakata)がシェアした投稿 –

特におすすめなのは「アジフライ定食」「海鮮丼」のワンコイン500円ランチです。海鮮丼は新鮮な魚の切り身に出汁をかけて、お茶漬けでいただくこともできます。

博多バスターミナル

博多駅を博多口から見て左に隣接する、地下2階地上8階建ての建物が「博多駅高速バスターミナル」です。西鉄バスの発着場であり、主に九州各地からの高速バスが集まるターミナルです。各階にさまざまなテナントが入るなか、その1階、建物の外壁に沿うように「極味や 博多店」が店の入り口を構えています。

極味や博多店

今回ご紹介する「極味や」博多店は、ハンバーグが特に人気のお店です。現在では、天神パルコ、大阪のなんばにも、ハンバーグを看板とする極味やが出店しています。

極味やのハンバーグは注文方法が独特です。

「炭火焼き」か「鉄板焼き」か焼き方を選び、120、150、200グラムからサイズを選びます。ソースもさまざま用意され、オニオンソース、柚子胡椒ポン酢、ヒマラヤ岩塩、わさび醤油、肉醤油から選ぶことができます。甘ダレと溶いた玉子を鉄板に流し込んで玉子とじにしてもらうこともできます。ごはん(150円)、サラダ(200円)、味噌汁(100円)を追加してセットで注文したり、そこにソフトクリームまで追加して、ごはん、サラダ、味噌汁、ソフトクリーム4品まとめのセットで注文すれば、プラス300円で満足いっぱいのお食事が楽しめるでしょう。

ハラールもつ鍋「極味や西新店」

「極味や」は、ムスリムにとって「西新店」がとっても有名です。極味や西新店は、世界で初めて「ハラール」もつ鍋を出したお店だからでしょう。

極味やは現在、福岡に8店舗、大阪に1店舗展開していますが、ハラール対応のもつ鍋がいただけるのは西新店だけです。それでもムスリムにとって、これは喜ばしい革命的なことです。ハンバーグの美味しいお店としてご紹介した先の博多店はハラール対応ではありませんが、ムスリムの方は西新店を選び、それ以外の方は博多店を始めとして極味や全店を利用することで対応できるのではないでしょうか。

 

福岡の日常を観光する

観光には、さまざまな景勝地を回ったり、美味しいグルメを堪能したり、いろいろな楽しみ方があるでしょう。そういったオーソドックスな観光旅行はとっても楽しくてワクワクしますね。

でも、そのなかで、ほんのちょっと他の観光客と違った視点で訪れた街を見たいと思ったら、観光客を意識して営業しているわけではない地元の客が多数を占める、普段の店をホテルのフロントででも尋ねたら教えてくれるかもしれません。

ほとんどの観光客が素通りするような何でもない場所に足を止めてみることで、その街がいつも見せている本来の、飾らない表情が、見えてくるのかもしれません。